書評(4)

次はパンローリングのウィザードブックシリーズから紹介します。

「ウォール街のモメンタムウォーカー」 ゲイリー・アントナッチ 2015年

原題は「Dual Momentum Investment」であり、2014年に米国で発刊されています。
邦訳本のタイトルはバートン・マルキール著の「ウォール街のランダムウォーカー」をもじったものです。
著者のアントナッチ氏はモメンタム投資の有効性を長年にわたって研究しており、
その主張がランダムウォークと対峙しているため、訳者がこのように名付けたものと考えられます。

さて内容ですが、
パンローリングの本はどちらかと言えば実務的なものが多いのですが、
この本は学術的であり大長編の論文を邦訳したような印象を受けます。
モメンタム関連の論文を数多く引用しており、モメンタム研究のまとめ本と考えてもよいかもしれません。
具体的な戦略の記述とバランスカーブの記載があることも好感が持てます。
この本の戦略は保有期間が数ヶ月のアセットアロケーション戦略です。
従ってデイトレ向きではないのですが、何らかのインスピレーションは得られるかもしれません。

本の価格が5184円とかなり高いため、こちらもKindle Unlimitedで読むことをお勧めします。
もしくは「Dual Momentum」で論文検索すると著者の論文がいくつもヒットしますので、
英語が苦にならない方はそちらでも良いかもしれません。


書評(3)

次はジャンルを変えて専門書を紹介します。

「経済・ファイナンスデータの計量時系列分析」 沖本竜義 2010年

本書はデータ分析を専門とするデータサイエンティストの間で有名な書籍です。
バイブル扱いされている方もいらっしゃいます。

目次を読み上げるような紹介の仕方になりますが、
時系列分析の根幹となる「定常性」から始まり、時系列モデルの基本である「ARMAモデル」、
「予測問題」の考え方、ランダムウォークを示す「単位根過程」、見せ掛けの回帰を見破る「共和分検定」、
状態の変化を記述する「マルコフ転換モデル(レジームスイッチ)」など、重要な内容が網羅されています。

ただし数式など難解な記述が多く、実際のモデルへ適用するには専用の統計解析ツールが必要となるため、
中級者~上級者向けの内容となります。
このような分野に興味を持っていらっしゃる初級の方には、以下の本が良いかもしれません。

「現場ですぐ使える時系列データ分析」 横内大介/青木義充 2014年

初めに紹介した書籍の前半部分を分かりやすく、Rでの分析方法を交えて記述されています。
このような分析手法を使ったところですぐにリターンに結びつくわけではないのですが、
基礎を押さえておくことは非常に重要だと考えます。
思わぬところで役に立つかもしれません。


書評(2)

最近はAI系の本を読むことが多いのですが、その中から1つを紹介します。

「ビッグ・データで株価を読む」 岡田克彦 2014年

著者の岡田氏は関西学院大学教授であり、マグネマックスというヘッジファンドのCEOを兼任しています。
このファンドですが、2013年頃からちょくちょく新聞やニュースサイトで取り上げられています。
直近では2016年8月19日付けの毎日新聞で「AI革命」という記事になっています。

このファンドはWEBマイニングと呼ばれる手法を用いており、同新聞記事から引用すると、
「過去10年の相場情報などはもちろん、ツイッターやブログまで約100万系列の膨大な情報をAIで解析。
 市場で過小評価され、値上がり可能性が高い株をランク付けして約100銘柄を選び、売買指示を出す。」
とのことです。

さて肝心の内容ですが、
分析データやバランスカーブの記載は好感が持てるのですが、論理的でない記述がいくつか見られ、
手法の検証結果も「ビッグデータってこんなことしかできないのかなぁ」と言いたくなる内容です。
同ファンドは三菱UFJ信託銀行やヤフーとも提携しているため、これだけの内容である筈がありません。
当然ながら「ここまでは本にしてもいいかな」といった情報なのでしょう。

マイニング系の事例の1つとして、興味のある方限定でお勧めします。


書評(1)

たまには書評でも。

「馬券裁判」 卍(まんじ) 2015年

有名な本のため、説明は不要かと思います。
著者は07年から09年の間で競馬で総額1億4000万もの利益を得て、
これに対して5億7000万という莫大な課税が発生したことが話題となりました。
この本では、このような巨額の利益を得た手法のさわりが紹介されています。

内容の詳細には触れませんが、簡単に言うと競馬のファクターモデルを組む、というものです。
しかしここで重要なのは、本文中に出てくるように「勝ち馬(着順)を予測しない」ということです。
これを株式投資で言い直すと「リターンを予測しない」となります。
このような考え方は、市場においてマイノリティの立場を取るために非常に重要だと思います。
またファクター検討の過程において「一般の心理を逆手に取る」という記述が出てくるところも、
改めて考えさせられる部分です。

たまには株式投資ではなく別のジャンルに目を向けても新しい発見があるかもしれません。

なお個人的な意見ですが、単行本価格1620円に対して若干内容が物足りないような気がします。
この本はKindle Unlimitedの対象となっていますので、そちらで読むことをお勧めします。