FC2ブログ

従業員に関するスタイルファクター

昨日、はっぱ@ロングショート様の株雑談(Livetube)に参加してきました。
参加人数も多く、いろいろと貴重な意見を頂くことができました。
その中でも特に「従業員に関するスタイルファクター」が話題に挙がりました。
これはと思い、夜中ではあったのですが早速検証を回しました(1時間ほどの作業でした)。

◆検証要領
<対象銘柄>
 TOPIX500
<観察期間>
 2010年1月~2015年12月
<観察方法>
 従業員に関する以下の6つのスタイルファクターについて、ファクターリターンを観察します。
 (3)と(4)の指標は一応伏せておきますが、容易に想像できると思います。
<検証ファクター>
 (1)従業員1人当たり純資産
 (2)従業員1人当たり純利益
 (3)従業員1人当たり***
 (4)従業員1人当たり**
 (5)従業員数
 (6)従業員平均年齢

◆結果
 以下に(1)従業員1人当たり純資産と(2)従業員1人当たり純利益のファクターリターンを示します。
 両者とも負の特性が確認できます(指標の大きいものが下落し、指標の小さいものが上昇する)。
 どちらかと言うと、(1)従業員1人当たり純資産のほうが効きが良いかもしれません。

170110-1.png


◆考察
 1.なぜこのような特性が出るのか
  推論の域を出ませんが、概ね株雑談の中で挙がった理由かと思います。
  結果が全てであり、演繹的な考察はあまり意味がないのかもしれません。
  どの時期にファクターリターンの推移が加速するのか、という視点もおもしろいかと思います。

 2.どの指標が最も顕著に特性が表れるのか、それはなぜか
  結論から言うと、(1)、(2)よりも顕著に特性が表れる指標が(3)~(6)の中に存在します。
  ここから先は自分でお確かめ下さい。
  (これに関しては私の中では理由付けが完了しています)。

 3.一般的な指標と比較してこの特性は優れているのか、実際に使えるレベルなのか
  追加検証次第だと思います。
  単純なPBRよりは使い勝手が良いかもしれません。
  株雑談の中でも挙がりましたが、業種別というのも追加の検証テーマです。
  また、他のグロース指標との組み合わせでの検証もおもしろいかもしれません。
  (ただし私はやる予定はありません)


最後になりますが、はっぱ@ロングショート様、どうもありがとうございました。
安易に検証結果を記載するのもどうかとも思いましたが、
あのような場を設けて頂いたことに対する私からのレスポンスとなります。

戦略なのか戦術か

よく見掛けるような題名ですが、
自分の今考えていることが「戦略」なのか「戦術」なのかをしっかり理解しておく必要があります。
戦略と戦術はそれぞれ多種多様な解釈が存在しますが、大まかに説明すると以下の通りです。

 戦略:全体の目的を達成するために、どこにどれだけ人的・物的資本を投下するか決定すること
 戦術:与えられた資本を使って局所的な目標を達成するための具体的手段

戦略はマクロ的、戦術はミクロ的と解釈していただいて構いません。
また戦略はマネージャーの管轄、戦術はプレイヤーの管轄であり、戦略は戦術の上位に存在する概念です。
普段システムトレーダーの行っている「ストラテジー検討」とは、当然ながら「戦術検討」となります。
ここで重要な点は「戦術検討」よりもまずは「戦略検討」に時間を割くべきということです。
戦略なき戦術には意味がありません。


戦略検討とは、実のところその中身は非常に曖昧であり、決まったフレームワークが存在しません。
MBA(Master of Business Administration:経営学修士)では戦略策定プロセスの講座がありますが、
それをそのまま現実に当てはめることができるかと言うと、そんな簡単なものではありません。
しかし最低でも以下のことは実施すべきでしょう。

 (1)ビジョンの明確化
  何のために投資をしているのか(お金が目的ではない、という方もいる筈です)
  投資を通じて将来どのような姿になりたいのか
  具体的な目標となる指標は何か、その程度はどのくらいなのか

 (2)自己分析とベンチマーク
  自分の強みは何なのか(どの分野の知識が豊富か、どのくらい時間的余裕があるか、など)
  競合相手にはどのような主体がどのくらいの割合でいるのか
  それらの主体はどのような戦術を使い、どのくらいのリターンを上げているのか
 
 (3)シナリオの検討
  (1)と(2)を踏まえた上で目標を達成するためにどのようなシナリオが考えられるのか
  そのシナリオを達成するための課題やキーとなる要素技術は何か、それは自分の強みと合致するか
  複数のシナリオが立案でき、その中から客観的に最適なものを選択できるか


もしも戦術の一つとしてシステムトレードを選択したのであれば、相応のシナリオがないとおかしい筈です。
単純に「年利100%という謳い文句を見つけた」というだけであれば、少々残念な気がします。
ただでさえリソースの少ない個人投資家は、戦略を間違えた時点で取り返しのつかないことになるのです。
こんな面倒な検討をしなくともこの世界は結果が全てという人もいるかもしれません。
しかし上級者ほど結果よりもプロセスを大事にするものです。
なぜなら結果はランダム効果により上下に触れるものだからです。

とは言っても上記はあくまでも理想論のため、参考として留意しておくくらいが丁度良いかと思います。

2017/1/6

◆本日の損益
 ▲12,550円

◆今月の累積損益
 ▲455,730円

2017/1/5

◆本日の損益
 ▲89,480円

◆今月の累積損益
 ▲443,180円

2017年はグロース株よりバリュー株が有望

「2017年はグロース株よりバリュー株が有望」 -WSJ、1月4日

先に断っておきますが、上記は日本市場でなく米国市場に関する記事です。
2016年はバリュー株がグロース株を大きくアウトパフォームしましたが、
2017年もその流れを引き継ぐとのことです。

バリュー株投資とグロース株投資はそれぞれ専門の本が出版されるほどメジャーな投資手法ですが、
時期によってリターンに変動がありどちらが優れるという比較はできません。
記事中から引用すると、
「1982年以降、利益成長が減速している期間はグロース株がアウトパフォームし、
 利益成長が加速している期間はバリュー株がアウトパフォームするという傾向が見られてきた。」
とのことであり、レジームというよりはシクリカル的な意味合いが強いかもしれません。

参考までに、直近数年間の米国グロース株と米国バリュー株のリターンスプレッドを示します。
これを見ると周期のようなものが・・・残念ながら私には分かりません。

170105-01.png

2017/1/4

◆本日の損益
 ▲353,700円

◆今月の累積損益
 ▲353,700円