AI投資(3)

今回はAI運用を謳って世の中に出現したファンドを紹介します。

ここで紹介するファンドはいずれもAI運用に特化した中小ファンドです。
ブリッジ・ウォーターやルネサンス・テクノロジーなどの超大手ヘッジファンドもAI運用を行っていますが、
資金配分や分析手法など、その情報は全く表に出てきません。
彼らに言わせると、AIは単なるデータマイニング手法であり目新しいものではなく、
30年も昔から取り組んでいるそうです。
中小ファンドほど資金繰りでニュースの一面を飾るために手法の一部を公開する傾向にあるようです。


<リベリオン・キャピタル(米)>

 世界で初めてAIに特化したファンドとして2007年から運用を開始しています。
 ベイジアンネットワークをベースとしています。
 運用開始から2015年までS&P500を年平均7%アウトパフォームするという素晴らしい成績を収めています。
 投資スパンは中長期であり、60銘柄~70銘柄のロングポートフォリオを組んでいます。

<セレベラム・キャピタル(米)>

 リベリオンに引き続き、2009年に運用を開始しています。
 AIが戦略を探索し、その採用を判断するのは人という複合プロセスを採用しています。
 成績は良好のようで、運用資金は開始当初の1000万ドルから2億8000万ドルまで増加しています。

<キャスティリウム・キャピタル(英)>

 2012年末から運用を開始しています。
 エキスパートシステムと呼ばれる手法を採用しています。
 人間の専門家がピックアップしたルールに対して決定木を構築する手法です。
 直近の成績は不明ですが、ファンド自体は存続しています。

<KFLキャピタル(カナダ)>

 2013年末から運用を開始しています。
 2015年にはNHKの特集「金融市場最前線」でもピックアップされました。
 「クリスタル」なる人工知能による予測で、14年には利回り30%を叩き出して注目を集めました。
 しかし15年の成績は▲12.4%、16年は3月まで▲17.4%と、直近では全く振るいません。

<ダーウェント・キャピタル(英)>

 2010年頃にツイッター等のSNS情報に基づいて株価を予測する手法が注目を集めました。
 ダーウェントキャピタルは世界初のツイッター・ファンドとして2011年に運用開始しました。
 米インディアナ大学の先行研究を基にしており、ダウの騰落方向を86%で予測可能とのことでしたが、  
 残念ながら12年半ばには運用を停止しています。


このようにファンドによって明暗が分かれる形となっています。
AIに絶対的なエッジが存在するかどうか、これでは全く分かりませんね。