論文紹介(6)

「Replicating Anomalies」
(K.Hou, C.Xue, L.Zhang, 2017年5月)

本論文は、5月18日付けのWSJ記事「市場のアノマリー、実は大半が存在せず」で紹介された論文です。
論文のタイトルを直訳すると、「アノマリーを再現する」となります。

WSJ記事から引用すると、
「市場の効率性を否定する事例の実証研究としては今年最大規模」であり、
「学者らが発見した447のアノマリーを厳格な基準で検証したところ、
 その8割超は実存しないことが明らかになった」とのことです。

これだけを聞くと、「これまでの研究者が全くウソツキ」みたいに捉えられてしまいます。
確かに検証方法が恣意的な論文も中には存在するのでしょうが、実際のところは、
「その研究者が調査したときには確かに統計的有意性が存在したが、
 市場の効率化が進んでしまい、2017年までの通算期間で検証すると有意だと判定できなくなった」
と言うのが正しいと思います。

では447のアノマリーうち、現在まで継続して有効な(収益性の高い)指標は何なのでしょうか?
これは論文を読めば分かるのですが、答えだけを先に書いてしまいます。


TOP5の指標のうち4つを占めたのが「研究開発費(対時価総額比率)」です。
これは前回紹介した「Stock Return Predictability in the Post-2008 Era」において、
RD(Research & Development)項が08年以降も有効であるという内容と合致しています。
なお、この指標を検証した元々の論文は以下の通りです。
大変素晴らしい功績だと思います。

「The Stock Market Valuation of Research and Development Expenditures」
(L.Chan, J.Lakonishok, T.Sougiannis, 2001年12月)


この指標が日本市場でも有効かどうか、ここでは伏せておきます。
あと10年ほど経ってこのファクターの有効性がどのように変化したか、
もしもブログを続けていれば記事にしたいと思います。